VERMEIL par iena

Bonjour Madame!

VERMEIL par iéna 2019 Automne - Hiver

Naoko Okusa's Column

女性は時に「花になる」。
その楽しみを手放さないよう

- July. 12th, 2019 Update

エフォートレス、ベーシック。ずっとそんなファッションで生きてきました(笑)。着回しが利いて、自分も相手も「安心する」ニュートラルな色を重ねて生きてきたのですが。

ここ数年、色が気になります。カプリ島の海のようなエメラルドグリーン、シャクヤクの花のようなフクシアピンク。焼けた石畳のようなバーンドレッド。

色を着る、ということは色気を着る――ということ。色気は私にとって、生命力や前向きな気持ち、人生を楽しむという姿勢。そうそう、ベージュやグレーでは表現できなかった!!
とうわけで、45歳を超えて、色を着ることを楽しんでいます。

例えば、先日のヨーロッパ出張の最終日に着た、透き通ったグリーンのワンピース。「good color!」「beautiful dress」と、ショップのスタッフやカフェのお姉さんに声をかけられました。これこそが色気。「思わず声を掛けたくなるような、おしゃれを楽しんでいる様」があったのかなあ、と思います。会話のコミュニケーションが生まれるのも、「色を着る」ことが連れてきてくれるメリットかもしれません。

このパワフルで鮮やかな色を着る日は、自分の気持ちも持ち上がり、口紅の色や髪の質感も吟味して。そうこうしているうちに、おしゃれをすることのモチベーションやスキルが上がっていることに気が付きます。毎日グレーやベージュの影に隠れていたらできないこと。

今年の夏は、もっともっと色を着ましょう。自分のおしゃれも、そして周りの人もカラフルになっているのを感じるはず♡

Dress[VERMEIL par iena] ¥25,000+Tax -BUY-