VERMEIL par iena

Bonjour Madame!

VERMEIL par iéna 2018 Automne - Hiver

Naoko Okusa's Column

PARISが教えてくれたこと。
「一生女!」

- Nov. 30th, 2018 Update

ヴェルメイユ パー イエナは、パリのマダムをイメージしたブランド。もうお手元にお持ちだと言う方もいらっしゃると思いますが、秋にお配りした「Bonjour madame」。そこで表現したかったのは、年齢は、決して私たちの美しさや魅力を邪魔するものではなく。もしかしたら、毎年積んでいけるものではないか、ということ。

そう。リアルなサンプルが、パリにはたくさんいらっしゃいました。

そのお1人が、ヴェルメイユでも買い付けをしているブランド、「seya」のディレクター瀬谷慶子さん。お顔出しはNGなのですが、本当に魅力的なマダム。ほとんど化粧っ気のない顔に、トレードマークの真っ赤な口紅。肩の上くらいナチュラルなボブヘアが、華やかな表情を額縁のように引き立てています。日本にいらしたときには、ディナーをご一緒させて頂くこともあるのですが、こうしたマダムを拝見していて思うのは。

パリのマダムは「一生女」だなあ、ということ。

ずっと年下のボーイフレンドがいる、とか、細いタバコにピンヒールとか(笑)ではなく、マインドがずっと女――ということ。自分を律することとか、フリーなマインドでいる、とか、容姿に言い訳しない、とか。

この真髄を知ることができたことは、私の一生の宝になるなあ、と思いました♡

ブルーのコードと香水ボトルは、瀬谷さん渾身のオリジナルパフューム。すりガラスに垂らして、コードを通し、ネックレスとしても使えるそうです。日本での発売を、熱くリクエストします!

さて。もうすぐ師走(早いっ)。パーティシーズンでもあります。次回以降、ドレスアップに必要なアイテムなど、このページでご紹介しますね。