VERMEIL par iena

Bonjour Madame!

VERMEIL par iéna 2018 Automne - Hiver

Naoko Okusa's Column

とにかく、
「乾かない女」になるために

- Oct. 12th, 2018 Update

楽しいことだけをしていよう。
我慢するのはやめよう
すべてのことに、自分で責任をもとう。
一生懸命でいよう。
愛をもっていよう。

など。
「~~~しよう」というリストはたくさんありますが、「~~しない」は私の中にはないなあ、と思っていたら。ありました(笑)。

「乾かないようにしよう」です。

気持ちも肌もね。
気持ちは、大好きな人と大好きなお酒を飲んだり、大好きな音楽を聴いたり。家族みんなとハグをしたりすることで保てますが、肌は、丁寧なケアが必要。

顔の肌は割愛するとして(笑)、実は、「この人、乾いているなあ」と印象付けるのは、身体の肌。デコルテはもともと毛穴が少ないので、顔よりも保湿は必要。そして、脚や腕に艶があれば、ヘルシーに見えるし、かかとがしっとりしている女が幸せそう。背中まで手入れが行き届いていると、圧倒的に色っぽい。

年中日焼けしている私は、特にこの「しっとりつやつや」が必要なので、はい。ものすごいケアしています。と言っても、時間や恐ろしいほどの金額がかかるわけではなく、習慣にしてしまうことが大事です。

例えば、エルバビーバのシェイピングソルトとシェイピングオイル。これを湯船に入る前に手のひらで混ぜ、全身をスクラブ。シャワーで洗い流さず、そのまま湯船にどぼん。このまま入浴剤になるので(笑)、ゆっくり浸かります。

このスクラブをした日は、全身つやっつや。オイルゆえ、少しぬるっとするので、そのままパジャマを着られる夜入浴の前がおすすめです。

または、ニールズヤードのビューティナイト ボディバター。私、様々なボディクリームを試しましたが、これ、すごいです。びっくりするほどしっとりします! 何をしてもダメだったかかとも、ふっくらと♡

ラベンダーオイルが含まれているので、夜使うことで、深く安らかな眠りも手に入ります。

と、かなり熱く語ってしまいました。コットンやカシミヤの素材を言う前に、自分と言う素材――全身の肌の質感を保つことは、おしゃれをするより前に大事なことだと思うのです。