VERMEIL par iena

Bonjour Madame!

VERMEIL par iéna 2019 Printemps - Été

Naoko Okusa's Column

秋の色、深くて甘くて
少し物悲しく――(字余り:五七五調)

- Sep. 12th, 2018 Update

タイトルの通りです(笑)。
初さんまを頂いたり、こっくりと深い、黒のようなパープルの巨峰を見つけたり。
アイスティーにして飲んでいた大好きな紅茶を、ホットで飲みたいな、と思う朝。

ああ、秋が来たな、と思います。

秋生まれの私。9月は大好きなタイミングなのですが、同時に物悲しい季節もあります。
だからでしょうか。秋になると、猛然とファッションに注力します。お金も時間も(笑)。
夏が終わり、ぐっと素材のバリエーションが増え、そこにのる色も、濃さを増し、艶っぽくなるのが良いですよね。

例えば、こんな赤ともオレンジとも言えない絶妙な色。
少し透ける素材で、肌の色も重なるのがまた、美しい。
あえて、がさっとしたメンズっぽい質感のマーメイドスカートと合わせたら、完璧に秋のコーディネートになりました。
このスカート、歩く姿もあまりにきれいなので(自分比)、動画も撮ってみました。

そうそう。こうした、一見難しそうに見える「色合わせ」。
さまざまなシーンに、その組み合わせのヒントがあります。

例えば、秋の花を集めて作ったブーケ。
朝の玄関で、いつも光が当たる場所に置いてあるのですが、あえて影にすっぽりと入るように動かしてみると。
少しグレイッシュな色が加わり、ああ、こんな色を集めてスタイリングを組みたいな、と思います。

そして、先日のトークイベントでお客様に頂いたTEA PONDの紅茶のパッケージ。

なんてドラマティックなんでしょう。
こうした何でもない景色に、心が動かされます。

ぐんぐんと太陽のほうに伸びていくのが夏、という季節だとすると、秋は、内省に向かう時期なのかもしれません。

そうだ。秋って良いかも♡
寂しかった気持ちも、こうしてコラムを書くことで、ワクワクに転じた気がします(笑)。

Blouse [VERMEIL par iena] ¥20,000+Tax -BUY-
Skirt [VERMEIL par iena] ¥22,000+Tax -BUY-