VERMEIL par iena

Bonjour Madame!

VERMEIL par iéna 2019 Printemps - Été

Naoko Okusa's Column

大草直子の書き下ろしダイアリー
「おしゃれと女と人生と」

- Aug. 31th, 2018 Update

こんにちは。スタイリストの大草直子です。
今日から、このヴェルメイユ パー イエナのサイトでコラムを書かせて頂くことになりました。よろしくお願いいたします(笑)。

ヴェルメイユ パー イエナはスタートして3シーズン目を迎えました。はっきりと大人の女性をターゲットにしたブランドです。さらっと大人、と書きましたが、大人――の定義って曖昧です。言ってみれば、20歳を過ぎたら誰だって大人なわけだし。「大人女子」なんていう言葉も流行りましたよね。あまり好きではありません(笑)、この言葉。女子、というのには違うから、そこに大人、とつければ良いんじゃないか、みたいなぼんやりとした「若さ礼賛」が嫌なんです(笑)(笑)。

はっきりと大人――で良いじゃない? 若さは人生のあるひとときであって、それを後生大事に手のひらに持ち続けるのも意味がないかな、と思うのです。

なあんていうようなことを方々で言っていたからでしょうか。

ヴェルメイユ パー イエナに出会いました。ランチの席でディレクターは、こう言いました。「ターゲットは大人の女性です」

良いじゃん良いじゃん! 大人とは、若さや未熟さをてらいなく手放したからこそ手に入る、深みのある美しさや、経験のレイヤードが自然とそうさせる優しさや繊細さをもっている人のこと。実は、何歳以下はだめ、とか、逆に何歳以上、なんていうこともないのかもしれませんね。

と、このコラムでは、「大人について」をファッションから、食から、美容から、もしかしたら男性に語ってもらう、なんていう回もあっても良いかもしれません。

毎週水曜日と金曜日、アップする予定です。
是非ブックマークして、忘れずにご覧くださいね(笑)。

あ、この日着ているのは、ヴェルメイユ パー イエナのチェックのパンツと黒のタートル。’80年代のリバイバルで、昔友人が好きだった(私はマッチが好きだったから)チェッカーズを彷彿とさせるタータンチェックは、今年は大胆にイエローベースくらいが気分です。小物をカジュアルにして、パンツを元気に、少しモードに着ます。

少しやんちゃな後姿。なんか、自分でも新鮮。成熟をベースにしているからこそ、大胆さやワイルドな冒険心、そして少年のようなやんちゃさは忘れないようにしていたい。

今年、3枚は既に買った黒のタートル。ワンピースのアンダーに着るタイトなタイプ、ミドルゲージのカジュアルな1枚。そして、程よく肩が落ち、1枚でも、下にシャツを重ねても着られる、パーフェクトなブラック。

Knit [VERMEIL par iena] ¥25,000+Tax
Pants [VERMEIL par iena] ¥38,000+Tax -BUY-